CALM BLOG

calmにある植物紹介part22016年12月18日

 

Share Button

image
こんにちは!神保です!
今日は新しく入ったソーダボトルアクアリウムについて紹介したいと思います!

 

カームに生物が来るのは史上初だとききました。
このボトルアクアリウムはアカヒレという小魚と小エビとレッドラムズホーンが入っています。

 

アカヒレはコイ科に属する淡水魚で、特徴的な赤い尾ビレからその名がついています。

 

小エビはヌマエビと言われるエビで、ヌマエビ科に分類されるエビの一種で、インド太平洋沿岸の河川に生息する淡水生のエビです。

日本産ヌマエビ科の中では大型種で、ペットとしても人気があります。

 

そして赤いカタツムリのような生き物、レッドラムズホーンです。
インドや東南アジアを原産とする有肺類の巻貝の一種で、
古くからレッドスネールの通称で呼ばれ、

観賞魚の水槽にガラス面に付着して繁殖する藻類(いわゆるコケ)を除去する目的でタンクメイトとして導入され、その目的で販売されることもありました。

 

特に、アルビノ個体が「レッドラムズホーン」として現在でも売られています。

この3種類にはそれぞれ役目があります!

アカヒレはアクアリウムにはかかせない重要な目玉であります。

そして小エビのヌマエビはアカヒレの食べ残したエサや、水草に付着した藻などをなめりとります。

そしてレッドラムズホーンも、それ同様でアクアリウムのビンに付着した藻を除去してくれる役割です!

このようにそれぞれの働きがあってなりたっているアクアリウムなのです!

水を変えることも必要ないのだそうです!ですので毎日ほんの少しのエサを与えればいいのです。意外と簡単なのです^ ^

 

是非皆様も身近にアクアリウムのある生活を送ってみてはいかがでしょうか?

神保でした!

最近の記事