CALM BLOG

伊豆・熱海旅行記 折笠2019年02月23日

 

Share Button

こんにちは!スタイリストの折笠です!

先日、伊豆、熱海旅行に行ってきました。

熱海はテレビなどで特集され、最近人気が出てきているみたいです。

今回のメインは【大室山】と【来宮神社】です。

 

まずは大室山について紹介します。

大室山は伊豆高原のどこから見ても、お椀を伏せたような柔らかな曲線のシルエットが美しいです。標高580mの山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山で、全山カヤにおおわれています。

 


大室山では、毎年2月の第2日曜日に「山焼き」が行われます。

「山焼き」とは、数百年前から農家などで使うカヤを育てるために毎年春先に行われてきた行事で、冬枯れした草に火を放ち山全体を燃やしてしまうというダイナミックな大イベントです。

2010年8月5日には、単成火山の典型例として、国の天然記念物に指定されました。

 


 

次に来宮神社です。

熱海市にある「來宮(きのみや)神社」は、今や“日本屈指のパワースポット”として知られ、全国的な人気。本殿に向かって左奥にある御神木「大楠(おおくす)」は健康長寿・心願成就の巨樹として、毎日多くの参拝者が訪れています。來宮神社には、大楠だけでなく他にも見どころがたくさんあります。

こちらが「大楠」。かなりの存在感があります。

 


 

こちらは神社の中にあるインスタ映えな道だったので写真を撮りましたが,

たまたまミリタリーのアウターだったのであまり映えなかったです。笑

 

来宮神社は長い歴史がありながらも綺麗にリノベーションされているのででゲームに出てきそうな神社でした。

伊豆、熱海にはもっと行きたいところがたくさんありましたが周りきれなかったのでまた行きたいなと思っています!

皆さんも是非行ってみて下さい!!

最近の記事