CALM BLOG

パワースポット巡りin京都★U2019年08月6日

 

Share Button

こんにちは!

アシスタントの池田Uです!

梅雨明けからかなりの猛暑が続いてますね!

熱中症にならないようしっかり予防していきたいですね!

 

今回は先日京都旅行に行き、パワースポットを巡ってきたので

そちらをご紹介したいと思います!

 

「総本山 鞍馬寺」

 

 


 

 

日本の京都府京都市左京区鞍馬本町に所在する寺です!

宗派は1949年までは天台宗に属していましたが、

独立して現在では鞍馬弘教総本山という宗派に属しています!

牛若丸の修行の地として知られる「鞍馬山」は、

650年前に護法魔王尊(天狗の総帥)が、

金星から降ってきた場所と言われています!

鞍馬弘教の特徴は金星人:護法魔王尊を本尊の一人として崇めていて、

さらに護法魔王尊はとてつもないパワーを持つという点です!

 

 


 

 

日本で一番宇宙に近いとも言われているお寺で

本殿の目の前の石畳「金剛床」といわれる六芒星の模様の床から、

宇宙のエネルギーが出ているとされています!

宇宙のエネルギーを感じたい方は是非足を運んでみて下さい!

 

 

次にご紹介するのはパワーが強すぎてガイドブックにも

載らない場所です!

「蚕ノ社(木嶋坐天照御魂神社)」

 

 


 

 

京都府京都市右京区太秦森ケ東町にある神社で、

正式には「木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)」といいます!

「蚕ノ社(かいこのやしろ)」というのは通称で、

ほかに「木嶋神社(このしまじんじゃ)」とも呼ばれています!

 

蚕ノ社の創建は、「続日本紀」によると7世紀頃だとされていて、

渡来人の秦氏が養蚕と織物の神を祀ったことから始まります!

 

そしてここはなんと言っても「三柱鳥居」が見どころです!

 

木嶋神社の鳥居をくぐり進んでいくと、奥に鬱蒼と茂る森があり、その奥に三柱鳥居があります!

そこだけ何となく、空気が違うような感覚さえあります!

 

 


 

境内にある説明では

「中央の組石は御神座で宇宙の中心を表し、4方向から拝することができるよう建立された」

とありながらも、

「景教(キリスト教の一派)の遺物とも言われている」とあります!
三柱鳥居の三方がそれぞれ秦氏と関係のある

「下鴨神社(秦氏と賀茂氏の関係)」「伏見稲荷神社」「松尾大社」(どちらも秦氏が建立)

の方向を示しているとか、

キリスト教の「三位一体」

「ユダヤ教のダビデの星に似ている」などなど、

ミステリー好きにはゾクゾクさせる逸話ばかりです!

パワースポットとして名高いので、宇宙のパワーを頂きながら、

謎解きにふけるのも面白いかと思います!

こちらも是非ご興味あれば足を運んでみて下さい!

 

 

以上2つが今回パワースポットとして

ご紹介したいと思った場所です!

どちらもかなりパワーの強い場所なので

僕みたいな鈍感な人でも感じられるはずです!!

もし京都に行く機会があればどちらか片方だけでも行ってみてください!!

感想お待ちしております!!

最近の記事