CALM BLOG

オススメ!レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル2018年01月26日

 

Share Button

 

こんにちは!アシスタントの折笠です!

今回は最近のマイブームの芸術鑑賞について紹介したいと思います!

去年から少しずつ興味を持ってきて足を運ぶようになった美術館。アートの事などは全くの初心者なのでまずは気になった展覧会はチェックし、なるべく行くようにしています!

そして今回行ってきたのが

【レアンドロ・エルリッヒ展】です!





アルゼンチン出身の現代芸術家、レアンドロ・エルリッヒの24年間にわたる活動の全貌に迫る、東京初の大規模個展です。

金沢の21世紀美術館に設置されている《スイミング・プール》は多くの人が一度は見たことがある、不思議な感覚が体験できる彼の有名な作品です。去年、金沢に旅行に行った際に観て印象に残っていたので今回の展覧会が凄く楽しみでした!

会場では、新作や日本初公開の作品を含めた約40点を公開しており、自分も参加・体験ができる作品が多いので、子供から大人まで幅広い人が楽しめる展示内容も魅力です。

中でもお気に入りの作品を少しだけ紹介します!

⦅試着室⦆


迷路のような体験型インスタレーション。試着室の中に入ると、前方と左右に姿見が設置されています。しかし。そこに自分の姿は映らず、代わりにどこまでも試着室が続いている。どちらも、彼の手法を駆使した“不思議な空間”を体感できる日本初公開の作品です。

⦅建物⦆


今回のメインの作品です。

鏡の効果を利用し、まるで建物の壁にぶら下がっているような視覚効果を体験できる参加型インスタレーション《建築》シリーズの新バージョンです。

僕も実際に写真を撮りましたが結構苦戦しました。(笑)

他にも面白くてつい写真を撮りたくなってしまう作品が多いので実際に体験して感じてもらえると今回の展覧会の魅力がより分かると思います!

4月11日まで年中無休で展示しているので興味がある方は是非足を運んでみて下さい!

 

最近の記事