CALM BLOG

【DOMB PYPE ACTIONS+REFLECTIONS】展 折笠2020年03月20日

 

Share Button

こんにちは!スタイリストの折笠です!

 

今日は先日行ってきた 【DOMB PYPE ACTIONS+REFLECTIONS】展について紹介します!

この展覧会は江東区にある現代美術専門の公立美術館の東京都現代美術館(MOT)で行っていました。

普段行くことの少ない清澄白川駅から歩いて10分程の木場公園内に在り、立派な建物でした。

 


 

 

ダムパイプは、ヴィジュア・アート、建築、コンピューター・プログラム、音楽、映像、ダンス、デザインによって構成される日本を代表するアーティストグループです!

 

見どころは、同名パフォーマンス初演時の舞台装置を再現した《pH》や、3つのパフォーマンスを映像で再構成した《MEMORANDUM OR VOYAGE》、そして古橋の遺作となった《LOVERS》など、新作を含む6点の大型インスタレーション。

 

 


 

《MEMORANDUM OR VOYAGE》

 

象徴的なシーンをピックアップし、さらに新しく撮影した映像素材を組み合わせて再編集して一つのビデオインスタレーション作品として制作。

 

 


 

 

《LOVE/SEX/DEATH/LIFE》

この映像は、同年初演のパフォーマンス《S/N》の舞台でも投影された。《S/N》というタイトルは音響用語の「S/N 比」に由来し、「Signal/Noise」を意味する。《S/N》は、今日の社会が直面する切実な問題であるジェンダー、エイズ、セクシュアリティなどを軸とし、人種、国籍、あらゆるマイノリティや性差別など、現代社会が抱える諸問題を正面から捉え、パフォーマンスのみならず、周囲のさまざまなコミュニティとの交流・連携といったアクティヴィズムまでも巻き込み展開された。

 


 

 

この展示は最後の部屋で登場し、一番楽しみにしていたので記念に写真を撮ったら光がいい感じになりました!(笑)

 

 

 

普段は有名な海外のアーティストの展示に行くことが多いのですが、触れることの少ない現代アートを見に行って勉強になることが多く楽しめました!

 

 

今年も気になる展覧会を探していますがオススメがあれば是非教えてください!

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事