CALM BLOG

☞ハイパー・マルチスペック・アーティスト【 LOUIS COLE ( ルイス・コール )】Sakoda2018年11月4日

 

Share Button


 

スタイリストの迫田です!

今回は音楽の話題を!

僕のオススメのアーティストを紹介します☝︎

フライング・ロータス主宰レーベル《BRAINFEEDER (ブレインフィーダー)》に所属し、ハイパー・マルチスペック・アーティストとして今話題の【 LOUIS COLE (ルイス・コール) 】です!

 


 

ルイス・コールは、LAを拠点に活動するシンガーソングライター、プロデューサー、ドラマー/マルチ・プレイヤー。

楽器演奏や作曲・アレンジの多くを鍵盤/管楽器奏者の父、スティーヴ・コールから教わり、南カリフォルニア大学でジャズを学ぶ。

ドラマーとして、ブラッド・メルドーやラリー・ゴールディグスら現代最高のジャズメン、そして故オースティン・ペラルタらとセッションを重ねる凄腕でもある。

ジェネヴィーヴ・アルターディとのエレクトロ・ポップ・ユニット、【 ノウワー 】としても活動する(こちらもカッコイイのでオススメ)中、ソロではブライアン・ウィルソン、マイケル・ジャクソン、ジェームス・チャンスなどをバックボーンにもつポップ・ミュージック職人として同じレーベルアーティストのサンダーキャットの大ヒット作品『Drunk』にも楽曲を提供している。

サンダーキャットもカッコイイのでオススメです!夏にソニックマニアで観ましたがテクニックが半端ないです!

 


 

ジャズを学び、プレイヤーとしてもメインのドラム、曲作りで主に使うというキーボードなど多くの楽器を自ら演奏するルイス・コール。まさにマルチプレイヤー。

超絶ドラマーである一方で、秀でたソングライティング能力にとても綺麗なファルセット・ヴォイス、そして強烈なファンクネスを併せ持った類い稀な才能の持ち主である。

彼の特異な世界観のバックボーンには『2001年宇宙の旅』や『トロン』といった映画や、子供の頃にハマったという「マリオカート」や「スターフォックス」といったゲーム音楽があるようです。

 

 

最新アルバム『 TIME 』に収録されている「When You’re Ugly」や「Things」「Phone」 もカッコイイですが個人的にはこちらの「Bank Account」が一番好きでオススメです!

気になる方は是非聴いてみて下さい!

もちろんCALMでも聴けますのでご来店の際リクエストお待ちしています!!

最近の記事